オークションで”ガングリップ・シフト”を手に入れた。(^^)v

 

あっちこっちのHPで、シフトノブの取り付け方が紹介されているので、参考に見ていたけれど
シフトレバーのシャフトを切らなければならない。。。
でも、切ってしまうと、元に戻らない。。。(当たり前だが。。。)
つまり、元々のシフトノブが付かなくなってしまう。。。。(;一_一)
なんとか、元に戻せる状態で”ガングリップ・シフト”を付けられないだろうか。。。。
そんな事を考えているので、”ガングリップ・シフト”を手に入れたが、取り付けはまだ。。(^_^;)

試しに、シフトにはめてみる。

  

ううっ。。。なんだか、やっぱりシフトレバーが長過ぎるみたい。。。
シフトレバーの中で上下するロックの為のロッドが、下まで届いていないのでロックの機能が作用していない。。。。
何より、見た目がかっこ悪い!(^_^;)

ん〜〜〜〜!どうしようか。。。。(;一_一)
なんとか、このシフトノブをバラせないだろうか?(^_^;)

。。。。と、ちょっと見たけど、どうも分からない。。。
バラす”とっかかり”がない。。。(;一_一)
まさか、この革の網目をほどくんじゃぁ?(^_^;)
いやいや、ウッド・シフトが存在するからそんなはずは。。。

。。。。しばらく、あれこれやってみたが分からずに投げ出す。。。(;一_一)


(^_^;)(^^ゞ(¬¬)(^O^)/ヽ(^。^)ノ(#^.^#) ←単なる”照れ隠し”です。。m(__)m


こう言う中途半端がけっこう多い。。。

以前、”光るエンブレム”を思いつき、作成にかかったが。。。これも頓挫中。(;一_一)

TOKYU・ハンズで、アクリルを直径8cmにカットしてもらい、これにスプレーでエンブレムを
ペイントしたが、マスキングがうまく出来ずに仕上がりが気に入らない。。。
エンブレムにするに当たって、きれいな”円形”のマスキングが作れない。。(;一_一)

ならばと、ボンネットのエンブレムをデジカメで撮影し、PCに取り込んで”Photoshop”で加工して
透明のラベルシートに印刷したものをアクリルに貼り付けた。
これはこれで、細部がきれいに表現できたのだが、質感がペイントには劣る。。。(;一_一)

しかも、そのアクリルをボンネットに取り付けて、裏から照明を当てるところがまだ考えついていない。。。
行き当たりばったりで作業しているので、問題が生じるとそこで止まってしまう。。。(^_^;)


 右上がスプレーによるペイント。
   BMWの文字の黒色の帯の輪郭が
   よく見るとガタガタ。。。。


 左上がPCによる印刷。
   フィルムが耐水性でなかったので、
   アクリルに貼り付ける時点で色がにじんだ。


 下が最新作。PCによる印刷。
   耐水性のシールフィルムで、無事にアクリルに
   貼り付けられたが、スプレーの方が質感がよい。。。






話は変わって、以前塗装してもらった板金屋さんで、今日小キズを磨いてもらった。
塗装後1ヶ月ぐらいして、塗装が完全に乾ききった頃に表面に”くもり”が出る事があると言う。
このくもりは、塗装の表面は乾いているのに、中側がまだ乾燥していない時に出るそうで、
実際、何箇所かくもりが出たが、ブリスを塗布していたせいか分かりづらかった。。。

ボンネットや天井と、部分的にくもりのある部分を中心に磨いてもらったので、一応ブリスを再塗布した。
はじめにブリスをしてから約2ヶ月経つが、相変わらす水ははじくし、艶も決して落ちていなかった。
前回洗車の時に見つけた擦れたような跡も、今回の磨きでなくなってしまったのでまた一から様子見です。







                      [next page]  [index