昨日から気がついていたのだが、ダッシュボードの奥の方から
「コツ。。。。。。コツ。。。。。」と言う感じの音が聞こえ出した。

聞こえ出したと言うか、昨日から急に音が出たのかどうかははっきりしないが、
確かに以前はそのような音はしていなかった。。。

交差点で信号待ちなどをしているとはっきり聞こえる。。。
割と大きな音で、「コツ。。。。。コツ。。。。」と2秒おきぐらいに聞こえるので
決して無視できない音だ。(;一_一)

今日も1日車に乗っていたのだが、気になってしょうがない。
エアコンの噴出し口の切り替えが、何かで引っかかってそんな音を出しているのかと思い、
噴出し口を切り替えてみたり、エアコンのスイッチを入れてみたり、切ってみたり。。。

原因がはっきりしないが、メカニカルな金属音でもなく、リレーのような音でもない。。。
例えると、プラスティック製のリンク機構が空回りしているような音。。。

この前、ヒーターコアを交換したばかりなのに、またもやどこか壊れたのかっ!!(;一_一)
このオートエアコンがそもそも悪いんじゃないのか???
まったく。。。電装系は日本製に限る。。。
などと、ぶつぶつ言いながら、あれこれやってみたけど分からない。。。

この年末の押し迫った時期に、センターコンソールをばらして調べるのかぁ??
これぐらいの音、無視しようかなぁ。。。。と思ったけど、けっこう大きな音。。。(;一_一)
しかも、2秒おきに音がするから、気になり出したらうっとうしい。。。。


けっきょく、考えた末にファンベルトを交換してもらった近くのディーラーへ。。。(^^ゞ
サービスフロントの人に、「ダッシュボードの奥から音がするんですけど。。。」と言って
無理やり車に引っ張り込んで聞いてもらう。。。(^^ゞ

すると、さすがやね。。。(^^ゞ
「あぁ、この音ですか。。。」って、フロントの人。
「何の音だか分かりますか?」って聞くと、
「ヒーターバルブの音です」とフロントの人。

聞いてみると、昔のヒーターバルブは、バルブの開く度合いで温水の量をコントロールしていたが、
最近のヒーターバルブは、バルブの開く時間で温水の量を管理しているらしい。。。

で、外気温や室温の関係で、少量の温水をヒーターコアに送る時には、バルブが開いたり閉じたりを
何度も繰り返すらしい。。。

で、2秒おきの「コツ。。。コツ。。。」って言う音は、そのヒーターバルブが開いたり閉じたりしている音
だそうだ。。。(^_^;)
確かに、ダッシュボードの奥から音がする。。。と言うのもうなずける。。



ヒーターバルブが段々古くなると、たしかに音も大きくなる事があるらしいけど、バルブ自体4万円前後も
する物なので、音がうるさいからと言う理由で交換する人はいないらしく、水漏れが出て来てはじめて交換
と言う事になるのが普通だそうだ。。。

なので、故障でも何でもないらしい。。。
試しに、ディーラーからの帰り道、温度設定を上げてやると、しばらく音がしなくなった。。。
(ヒーターバルブが開いたままになる時間が長くなったのだろう。。。)
また、逆に、温度設定をどんどん下げてやると、音は全くしなくなった。。。
(ヒーターバルブが閉じたままになったのだろう。。。)

いやぁ。。故障でなくてよかった。。。(^^ゞ
しかし、故障じゃないと言っても、この音の大きさはけっこう不愉快。。。
何とか遮音できないものかねぇ。。。(^_^;)





                      [next page  [index