今日はタイヤ交換。

ピレリP6000から、ヨコハマdB EURO へ。(4本で¥64,600+消費税)
225−60−15と言うサイズは、各メーカーともあまり出ていないサイズなのを実感。
選択肢があまりなかった。。。。

ピレリP6000は、サイドウォールが軟らかいのか乗り心地はいいけれど、もう少し踏ん張りのきくタイヤが欲しい。
かと言って、ブリジストンのREGNOは高いねぇ。。。(^^ゞ ミシュランも高いし。。。
(なんだかんだ言って、けっきょく値段で決めてるのかぁ?)

ヨコハマdB が¥55,000だったので少し迷ったが、塗装をしたのでホイールのインチアップをあきらめた事もあって、
ちょっとだけ奮発してEUROに決定。。。。。

履き替えていざ乗ってみると、たしかに硬い。。。いや、堅い(?)。。
段差や路面の凹凸などでは顕著に硬さが出て、内装がビビる事も。。。(^_^;)
タイヤの違いがこれほどとは。。。。

相変わらずサスは軟らかめなので、コーナーではロールは出るのに、小さな段差だけはゴツゴツ来る。
これでサスを交換したら、もっと硬くなってしまうのだろうか。。。。(^_^;)
それにしても、内装がビビる程と言うのは、車に悪そう。。。。


 


そうそう、タイヤ交換の間、ヒマだったので足回りを覗き込んでいたら、
リアのブレーキローターがけっこう減っていた。。。。
フロントは交換して間がない感じで、まったく彫れていなかったが、リアは様子を見て
交換した方がよいかもしれない。。。。リアって、ドラム内臓だったっけ。。。。?(^_^;)




                       next page]  [index