さてさて、昨日の続き。。。

フロント右からの異音。
帰ってから、つらつら考えて、しかも以前お世話になったカーショップのマスターに
電話で相談したところ、やはりサスではないとの結論。

音がしたりしなかったりと言うのが一番引っかかる。。。。。
マスターは、スタビライザーとストラットのリンク部分のブッシュがへたって来ると
コトコト音がする事があり、E34はけっこうその手の部品がへたっているお客が多かったとの事。

今日は一番にその点を確認する事にする。
ところで、昨日からの一連の作業は、実は会社の倉庫で行っていた。
自分の車庫は、マンションの立体駐車場なので、洗車すらままならない状況で。。。(^_^;)

で、お盆休みなのをいい事に、会社でサス交換をしていた訳だ。(^_^;)
昨日は、一度帰る用意をして、持って来た工具も、散らかしたごみも掃除して、いざ帰ろうと思った途端に
あの異音(って言うか、帰る前に試運転するべきですわなぁ。。。)だったので、それからまた
工具類を引っ張り出して来て。。。。。最後に帰る時には、片づけをする元気もなく、散らかったままで帰った。。。(^_^;)


工具で散らかった倉庫に車を入れて、おもむろにジャッキアップ。
昨日の作業で、腰とひざと腕が筋肉痛で痛い。。。。

ホイールを外して、スタビのリンクを外してみる。
リンクは、ストラット側は触らずに、スタビ側を昨日は外した。
今日も、スタビ側を外して、ビニールテープでストラットに固定して、再びホイールを着けて、いざ試運転。。。。
すると、今朝もしてたあの異音がしない。。。
やはりスタビとストラットのリンクが音の原因!!!




 左の図で赤く塗った部分がスタビライザーとストラットを
 つないでいるリンク。
 このリンクの下側のネジを外したのだが、何故か上側が
 緩んでいた。。。












   
    スタビリンクのスタビ側。(下側)   スタビリンクのストラット側(上側)


しかし、ネジはしっかり締めていたのになぁ。。。と思いながら、リンクをつかむと。。。。ガタがある。。。
スタビにつながっていた時は、引っ張られていて分からなかったが、下側を外したのでこのガタはストラット側。
スパナで締めてみると、わずかに締まる。。。。緩んでいたのか。。。。が、ゆるみ止めナットが付いていて
それは考えにくい。。。昨日、自分で緩めたのか??いや、そんなはずはない。。。(アルツハイマーか?おれは。。。)
どうして緩んでいたのか分からないが、異音の原因はこれだった事は間違いない。
上下のナットを再びしっかりと締めて、タイヤを着ける。(サスが原因でなくてよかった。。。そうでなかったら、今日もまた
あのしんどい作業をしなければならないところだった。。。)


思いのほか早く解決したので、しかも、わざわざ今日も会社にまで来たので、以前からやりたいと思っていた
ヘッドライトの洗浄をしてみようと思う。

車を買った時から、ヘッドライトのレンズの曇りが気になっていた。。。

ヘッドライトユニットを外すには、まずバンパーを外す。
なぜバンパーかと言うと、ヘッドライトを外すには、その周りのグリルを外す必要がある。
そのグリルを外すには、キドニーグリルを外す必要がある。その。。。。書かなくても分かるだろうが、
最終的にはバンパーから外す手順となる。

はじめに、バンパーのモールを外す。すると、前側に4つナットが見える。また、両サイドにはプラスチックの
止め具がある。これらを外せば、バンパーが前へスライドして取り外せる。
(忘れていたが、フォグランプの配線を外しておく事。。。)

   

次はグリルだが、このグリルがよく分からなかった。。。外してみれば、両端の2ヶ所と真ん中に2つツメがあるのが分かる。
(真ん中は上側にも2つツメがあるが、これは見て直ぐ分かる。)
右側の写真は、そのツメの拡大写真。(ちょっと分かりにくいかな。。。)
このプラスチックのツメがグリルに上1箇所、下2箇所ではまり込んでいる。
ツメの部分は、下から手が入るので、指でツメを押しながらグリルを引っ張る。



 左図の9番の部品が”ツメ”。下の写真では赤の矢印に
 ついている。
 このツメは、小さなツメが3個と大きなツメが2個あり、小さなツメで
 グリルに固定されるようになっている。
 その上で、大きなツメが車体に引っかかるようになっているので、
 グリルを外す時は、この大きなツメを外すようにする。
 (ちょっと分かりにくいかなぁ。。(^^ゞ )

 図でも分かるように、グリルが外れないとヘッドライト周りの
 グリルが外せないようになっている。






   


それから、ライトの周りのグリル。これは、前面から全てのネジが見えるので、簡単。
(赤矢印はプラスチックのくさび、青矢印は金属のネジ。)

  

これが外れると、ヘッドライトを止めているネジが見える。前にそれぞれ3本ずつ見える。。。。が、しかし、
裏に1本ネジがいる。しかも、ウィンカーレンズも一緒に外そうと思うと、そのウィンカーレンズも裏側に1本ネジがある。
これがけっこう大変。。。



 左は左ウィンカーの図。
 部品番号6番のネジが横を向いているのがわかる。
 5番のネジはヘッドライトユニットにつながっており、
 6番のネジはフェンダーの裏側にとめるようになっている。





 





 左図で、青丸印のところが前からのネジ。
 赤丸印のところが裏からのネジ。
 ”部品15”は、その裏からのネジ。
 (ちなみに、この図は左ヘッドライトユニット)
 上の写真と混同しそうだが、上の写真は”グリル”
 左図はヘッドライトユニットなので、間違えないように。








まず、右側。。。
裏のネジを外そうと思うと、ウォッシャータンクが邪魔になる。タンクを止めている黒い円形のプラスチックを回して外し、
ウォッシャータンクを少し横にずらす。この時、タンクに付いてる残量警告センサーの部分からウォッシャー液が漏れやすいので
注意!!




  
黄色のドライバーの先に、ヘッドライトユニットの裏側のネジがある
  
また、その右側にはウィンカーレンズのネジがフェンダー側にある。
   (これが外しにくいし、場所が分かりにくい。)
  
   










次に左側。こちら側は、キャニスターが邪魔になる。キャニスターはボルト3本で固定されており、それらを外して少し傾ける。
   
キャニスターの3本のボルトのうち、2本は前側から外す。


 
赤枠内がキャニスター。黄色の矢印右側はヘッドライトの裏ネジ。
左側はウィンカーのネジを示す。

それらを外してやっとヘッドライトユニットが外れる。
外したユニットから、カプラーや電球をはずして、裏から洗剤を入れてしばらく振る。
それから十分すすいで、乾燥。。。これで、レンズの裏の頑固な汚れは残るものの、
少々の汚れと、反射板はきれいになった。

後は乾燥させて組み付けるだけだが、今日はあいにくの雨。
待てど暮らせど乾燥しない気がするので(だったらなぜ、今日洗浄なんかした??)
水滴が残っていたが、そのまま組み付けた。。。(^_^;)

家に帰ってみてみると、ヘッドライトが”ぼ〜〜”っと霧がかかったように。。。(笑)
裏のカプラーを外して、しばらく乾燥させねば。。。

こう言う作業は、天気のいい日に朝からバラして、昼間は十分乾燥させて夕方に組むと言うパターンがよさそう。


それはそうと!この車のワイパー、すごいやないの!
「間欠」「ロー」「ハイ」の切り替えだけかと思っていたら、「ロー」にしてても車速が10km以下になると
自動的に間欠になるんやねぇ。。。知らなかった。。。
(しかも、間欠も時間の調整が出来るようになってるんだぁ!これを知ってたら、城崎に行く時
苦労しなかったのに。。。。(^_^;) )
はじめ、ワイパーが止まった時、「おいおい!今度はワイパーかよぉ!(壊れたと思った。。。)」って言いながら、
車が動き出したら動き出すワイパーにしばらく感動しながら、「うそやろ?」を連発して家まで帰った。(^_^;)


それにしても、腕、腰、ひざが痛い。。。。
腰なんか、こうやってPCの前に座っていたら、立てないぐらい。。。ははは。。。(^_^;)


最初の予定では、1日でサス交換とヘッドライト洗浄と、あと洗車&ブリスまでする予定だった。。。
いやぁ。。予定が甘かった。。。(^_^;)






                      [next page]  [index