今回は、ずっとずっと前から温めていたネタです。(^^ゞ

最初に。。。ブレーキを強化しようと考えた時、ブレーキホースが気になりました。(^^ゞ
そう言えば、サス交換の度にキャリパーをどこかにひっかけて。。ホースに負担をかけてた事も。。(^o^;

で。。ホースを交換するんだったら、ステンメッシュに。。。。となると、今度は圧の逃げ場が無くなるのはいいけど。。
その圧がマスターにやって来ると思うと、もしかしたら生産されてから一度も交換してないかも知れないブレーキマスターも心配になり。。

結局、全部の部品が揃うまで。。。何も手付かずでした。(^o^;

とりあえず、今回のメインはブレーキマスターの交換と、ブレーキホースとキャリパーのシールです。(^.^)b

  


えっと。。。その前に! ブレーキは重要保安部品ですので。。。!  そこら辺のところ、よろしくです〜!(^^ゞ
(あっ。。。つまり、容易にマネしないでください。 でも、できればいいですね。(#^.^#) )

で。。。。作業前に、ブレーキオイルは大変危険ですので、なるべく触らないで作業できる様に考えます。
(万が一塗装についたら、直ぐに洗い流さないと塗装が剥がれて来ます。。)





では。。ブレーキオイルの抜くところから。。。(^^ゞ

本来なら。。。大き目のスポイド(スポイト?)があれば、マスターのリザーバータンクにあるブレーキオイルを吸い取ってやればいいのですが。。
残念ながら、そう言うモノを持っていないので。。。(買えよ!ってツッコミはナシで〜!)

リザーバーのオイルセンサーのコネクターを外して、キャップを取りだし、フィルターも出します。

    


で。。。ブレーキのマスターから一番遠いブレーキ。。。右リアですが。。。のエア抜きニップルにブリーダーをつないで
7mmのメガネでニップルを解放して。。。ブレーキペダルを何回も踏んでやると、オイルが抜けて来ます。

    


リアブレーキにつないだブリーダーに、ボコボコとエアが出て来る音がしたら、抜け終わった証拠です。
この状態は、ブレーキラインにエアが満杯です。。で、ABSユニットにエアが噛むと、エア抜きが大変らしいので。。。
間違ってもABSユニットにエアが行かない様にするためにも、キーオンにしない様に気をつけます。
(キーオンで、ABSユニットが動き出すらしいので。。そっと寝たままにしておきます。(^^ゞ )


ブレーキオイルが抜けたら、リザーバータンクを上に引き抜きます。 このタンク、ブレーキマスターに上から刺さってるだけです。

    


で、タンクを外したら、ブレーキマスターが見えて来ます。




この本体を交換する訳ですから、そこへつながってるパイプを外さなければなりませんね。。。
見ると2本。。。どちらも11mmのフレアナットレンチで緩めて、パイプを外します。

    


パイプが外れたら、マスターバックに止めてる13mmのナットを2個ほどくと、マスターが外れます。
(簡単でしょ?(^.^)b 右の写真は、新旧のマスターです。)

  


外れた新旧のマスターを比較すると。。。ABSユニットに繋がってる2本のパイプの内、前側のパイプのネジ部が。。
新しい方が大きい!(^^ゞ

下の写真で左は前側の、右は後ろ側の配管のネジ部ですが。。
左の写真のネジ部が、あきらかに新しい方が大きいでしょ。。。(^.^)b

  


で。。その為にパイプが1本付いて来ました。(いや、これはこれで別に注文するのですがね。。)
元々のパイプは、マスター側もABS側も11mmでしたが、新しいパイプはマスター側が13mmです。

  


。。。って言うか、そんな事より。。。「パイプは棒か?」って思いません?(#^.^#)

実際のパイプを見てみると。。(下の写真の矢印部分)

  


えっ? 写真が小さいですかぁ?(^o^;

じゃ、ちょっと拡大して。。。こんな風に曲がってるんですよぉ。。。(~_~;)





とりあえず、ABS側も外して。。。パイプを取り出してみると。。





う〜〜ん、微妙な曲線で。。。全く同じ様にはムリ。。。( ̄〜 ̄;)

って事で、押さえるべき点を押さえて。。。なんとか作る事に。。。(^^ゞ
と言っても、パイプの中央あたりを曲げるのはたやすいのですが、端の方は力がけっこう必要で。。

しかも、ABSユニットを出たパイプは、直ぐに直角以上に曲がってて。。またマスターに繋がる部分で
これまた直角以上に曲がってます。。

なので、それぞれの箇所をマスターにつないで曲げました。。(^^ゞ

  


具体的には、先端のネジを手で回るところまでねじ込んで。。後はひたすら思う箇所に指を当てて、そこから曲がる様に念じながら(ウソです!)
手で曲げるしか。。。ありませんでした。(#^.^#)    けど、なんとかなりましたよ。(笑)

    


だいたいの形ができたら。。マスタシリンダーを取り付けて、パイプの形を微調整します。
まず、ABS側をしっかり止めて。。そこからパイプがボディに当たらない様に曲げながら、
しかもABSユニットにも当たらない様にしてマスターのところまで来ます。
最後は、マスターの取り付け部分に角度を合わせて曲げて。。ネジ止めします。




下の写真の部分は、3次元的に曲がってますが。。現物合わせで、なんとかなります。(#^.^#)




ABS側も、マスター側も、ボディとの干渉もABSとの干渉もなく。。。(^^ゞ

  


パイプの取り付けが出来たら、リザーバータンクを上から差し込んでマスターは完了です。(^.^)b




で。。今度は下に回って、ブレーキホースとキャリパーシールの交換です。(^^ゞ

キャリーパーに繋がってるブレーキホースを緩め。。。そのホースの反対側の、パイプに繋がってる部分を外します。

  


ブレーキオイルが抜けてるとは言え、タラタラとオイルが垂れる場合があるので。。
取り扱いには注意を。。。(^o^;




ブレーキホースが外れたら、キャリパーを外して。。。
先にキャリパーのシール類を交換します。

で。。。キャリパーのピストンを押し出すのに、エアーが必要なのですが。。。
残念ながら、我が秘密基地にはコンプレッサーもなく。。エアーツールが使える環境ではありません。(~_~;)

そこで使ったのが、これ↓(^^ゞ




パソコンなどのホコリを飛ばす、エアーダスター!(^.^)b
これが案外使えました。(笑)

キャリパーに繋がったブレーキホースに、エアーダスターのノズルを当てて。。。シュ〜〜〜〜!

すると、ピストンがニュル〜〜〜っと出て来て、最後に「ポン!」って外れました。(^.^)b

    


これはなかなかいいです!(#^.^#)b

で。。キャリーパーのダストシールとオイルシールの交換をするのですが、詳しい作業はDDさんのHPのmedama1goさんの記事がありますので
そちらをご覧下さい。(←決して手抜きではありませんから。。(^^ゞ )

参考までに。。。キャリパーの内部はこんな風になってます。。  縁にオイルシールが見えますね。(^.^)b
そのオイルシールの外側の溝は、ダストシールの縁が収まる溝です。(矢印部分)

  


ピストンに付いて来たダストシールをぶにっ!っと外して。。。。

    


ピストンの汚れを拭き取ります。 ダストカバーの外側は、汚れがひどくこびり付いてるのでパーツクリーナーと柔らかいブラシで磨きます。
ピストンのキャリパーに収まる部分もキャリパー内部も、傷らしい傷もなく。。縦筋もなかったので、コンパウンドで磨く事は今回しませんでした。(^.^)b
まぁ。。この先漏れる様だったら、また外して磨けばいいわけで。。(^^ゞ

  


外したダストシールの新旧比較です。    。。。あまり分かりませんね。(笑)

  


で。。シリコングリスを塗って、ダストシールをピストンに被せます。

    



おっと。。。オイルシールの交換がまだでしたね。(^.^)b  こちらも、シリンダー面を傷つけない様に注意しながらピックなどでシールを取り出し。。
新しいシールにグリスを付けて、収めます。。。(^^ゞ

    



で。。ピストンを押し込みますが、最初はちゃんとシリンダーとピストンが並行になるまで探りながら力をあまり入れ過ぎない様に気をつけます。
要領としては、ピストンを少し回しながら入れようとするとやり易いかも。  
ピストンが入りだしたら、ワイヤーブラシの柄などを当てて、なるべく並行にピストンが入るように力を入れます。
ある程度ピストンが入ったら、ダストシールの外側をシリンダーの溝に入れるのですが。。けっこう苦労します。(笑)

    

この辺は、ピストンを入れる前にダストシールの縁を先にシリンダーの溝に入れるmedama1goさんのやり方がいいかも!(^.^)b
(もしかしたら、それが常識なんでしょうかね? いや、私はあくまでも見たまま。。野生の勘でやってますから。。(^o^;  )

 ☆ピストンを入れる前に、ダストシールの外側を入れるのが正式な手順の様です。(#^.^#)b


それから書き忘れましたが、ここまでの作業で軍手は使いません。(^.^)b
軍手の毛羽が、キャリパーのシリンダーに入る可能性が高いからです。。。


ピストンが終わったら、ガイドピンのブーツも交換です。(^.^)b  新しいブーツは、「これってゴム?プラスチックじゃないの?」って思うぐらい。。(^^ゞ

    


そのブーツの中を覗くと。。。段々になってますねぇ〜!(^.^)b   ガイドピンを点で支える?  いやぁ。。支えられる重さかなぁ?(^^ゞ

  


まぁ。。とにかく、ブーツを力ずくで差し込んで。。  ガイドピンには、私の場合はグリスを。。。(#^.^#)b
いや。。。いまだに、どれが正解か分かりませんが、ずっとこれで来てます。(^^ゞ

  


今回注文したガイドピンブーツのエンドカバーには、こんなものがあったりして。。
これって、パットセンサーの配線を止める様になってるんでしょうかね?(^.^)b  一応通してみましたが、ちょっとキツイかも。。

  


で。。キャリパーが組みあがったら、ステンメッシュホースを取り付けて。。




あと、リアブレーキのホースは、セミトレアームの付け根にも1箇所あるのですが。。
こちらは、工具の不出来と言うか、不向きで。。。ナットを舐めそうになってしまい、今回は断念しました。(^o^;




マスターシリンダーからずっと作業してきて、いまさら何の不具合か?って?(#^.^#)

いやいや。。。ここまでも、けっこうナットを舐めそうになってたんですがね。。(~_~;)
実は、使ってるフレアナットレンチの先端が。。。強度を出す為か、肉厚がすごくて。。。
ナットに当たる面を取り巻くように、盛り上がってるんです。。

  


ただでさえ薄いナットに対して、レンチの肉厚が邪魔をして。。。ナットのかかりが浅くなってしまってました。。(^o^;




なので、サンダーで両サイドを削って。。この後の作業に備えました。(^^ゞ

  


え? もっと早くに気づけよっ!って? (~_~;)

いやぁ。。それでもね。。買ってまだ一度も使わない内からサンダーで削るのって。。(#^.^#)
ちょっと考えつきませんでしたねぇ。。

これでも行けるのかなぁ?とか。。思いながらも、ナットを舐めかけて初めて

。。。やっぱりダメだ!( 一一)     ってなりました。(#^.^#)



               
                              




         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。