「右シリーズ」第3弾は、給油口のフラップです。
  ↑
  いつからシリーズ化したのでしょうか。。(^o^;   


下の写真で、ボディに対して給油口が偏ってるのが分かるでしょうか。。
矢印部分の隙間が、他に比べて狭くなってますよね。。(^^ゞ





フラップを開けてみると、ヒンジの部分が”パキッ!”っと割れてました。。(~_~;)

    


で。。。「正しいヒンジの外し方」ですが。。

ニッパーやペンチでバキバキっ!っと割って外しましょう!(笑)

    


下手に「きれいに外そう」とすると、ボディやフラップに傷を付ける恐れがありますよぉ〜!(^.^)b

で。。。ボディ側に残されたパーツも、フラップが無くなれば簡単に見て外せます。。(^^ゞ

    


ほらね。。。(^.^)b




外れたフラップ側に残ったヒンジには、板状のバネが残ってます。(これは再利用しますから。。)

    


いつも、この外し方がよく分らないのですが。。(って、「いつも」って言うほどこの作業をしたわけではありませんけど。。2度目です。(笑))
なんだかんだやってると、簡単に外れます。(^^ゞ




で。。フラップにハマってるヒンジを外すのですが。。下の写真の様にスライドしてハマった後、簡単には外れない様になってます。
(つまり。。抜けない様に”コブ”がありますね。。)

  


で、まぁ。。マイナスドライバーなどで少し持ち上げてやって。。




外れ防止のコブを乗り越えた後は、ただただスライドして外します。

 



新しいヒンジの装着は、その反対の手順で。。。
スライドして入る箇所を確認して、入れて行きます。

    


そんなにユルユルではないので、少々力が必要だったりしますが。。
ただひたすらにスライドさせて行きます。。




最後は、抜け防止のコブのところまで、キッチリはめ込むと完了です。

  


後は。。。どうやって外れたか分らない板バネを、どうにかしてはめ込んで。。(って、説明になってませんねぇ。。(^o^;  )

    


まぁ。。見てやってみたら、なんとかできる作業ですから。。細かいことはいいとしましょう。。(#^.^#)




で。。。それをボディにパチン!とはめ込むだけです。(^.^)b

  


くれぐれも。。。一度はめると、次は壊して外す事になるかもしれないので。。
パチン!とハメる前に、掃除する部分は済ませておき、なんならワックスかけもいいでしょう!
(あっ。。私はしてませんが。。(#^.^#) )


で。。。完成したところが下の写真ですが。。。




何となく、最初の写真とそんなに変らない気もしますねぇ。。。(^^ゞ

いやいや。。それにしても、このヒンジは2004年2月に交換してるのですがね。。(^^ゞ

そんなに割れやすいものなのでしょうか?  

。。。それともやっぱり、「右」の影響なのでしょうか?(~_~;)




               
                              




         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。