11月7日の記事で、ドアの内張りを交換する方針を打ち出してますが。。

その前に、今年の夏のTake−Mさんでの剥ぎ取りオフで手に入れてた
革のセンターコンソールが、まだ家に眠ってます。(^^ゞ




話を進める前に、この立体的なコンソールにどうやって革を貼ってるのか?と思って見てみると。。(^^ゞ
色んなところにステッチが入ってたり、引っ張ったり。。(^^ゞ


   


この辺りは、とても苦労されてる様な気がします。。。(#^.^#)

   


さて。。話は戻って。。

ドアの内装のウッド部分をカッティングシートで覆う予定ですが。。

そのウッド部分と、chachaさんから頂いた小物入れ付きフロントパネルのウッド部分と
この革のセンターコンソールのウッド部分とが。。。一直線に並んで室内を取り囲むので。。

ここは、全部を同じ仕様に仕上げたいところです。(#^.^#)

それぞれのウッドパネルを見てみると。。

ドアの内張りのウッドパネルと、フロントパネルのウッドパネルはまだ似た感じですが。。




センターコンソールのウッドパネルは、ドアのウッドパネルと明らかに違う色で。。




アップで見ると良く分かると思いますが。。ドアのウッドですら、右下の濃い色と中央の明るい色とあって。。




どっちみち、「ウッドパネル」で統一できないので。。(#^.^#)
(いや、だから。。ウッドパネルは嫌いじゃないけどboven7号には似合わないと思ってるので。。(^^ゞ )


それぞれのウッドを外して行きます。




ドアの内張りのウッドは、裏からナットで止まってましたが、
センターコンソールのウッドの片方は、引っ張ると抜ける仕組みで。。




どうしてかな?って思ったら、ウッドパネルを外したらネジ穴がありました。(^^ゞ
センターコンソールを止める為のネジがここに入るんですね!




もう片方のウッドパネルは、横の方にパネルを貫通してネジ穴が見えます。。




って事で、こっちはしっかり裏からナット止めでした。(^^ゞ




ところが。。。このパネル、ナットを外しても簡単に外れません。。。(ーー;)




パネルを割りたくないので、手で外そうと頑張ってるのに。。
そんな気持ちも知らないで、一向に外れる気配がありません。(ーー;)

恐る恐る、マイナスドライバーを突っ込んでコネてみます。。(^_^;)




それでも、最後の最後。。ネジ穴付近が異常にひっついていて。。(ーー;)




なんじゃ〜こりゃ〜〜!(-_-;)

ベリベリって音と共に外れた時には。。。革の表面がめくれてしまい。。





なんか、無残な姿になってますけど。。。(^_^;)




ってか、外したウッドパネルの裏側に、剥がれた革の一部が残ってて。。




ウッドパネルのネジ穴にもヒビが。。。(^_^;)




どうやら、前のオーナーが糊付けしたんでしょうか?(^_^;)


まぁ。。イレギュラーはつきものですから。。(^_^;)

で、次はchachaさんからの小物入れ付きフロントパネルのウッドですが。。
こちらも、引き抜くだけで外れる仕組みで。。




片方を引き抜けば。。。




もう片方は、横にズラして外れる仕組みです。(#^.^#)




これで、全部のウッドが外れたので。。
この時点で、神戸は三ノ宮にあるユザワヤに合皮、ビニールシート、布地など。。
探しに行ったのですが。。。これと思うモノが見つからず。。(^_^;)

できれば、良く伸びる素材で。。紺のメタリック調なシートが欲しかったのですが。。
(オートバックスとかに、ドライヤーで炙ると伸びるフィルムが幾つかありましたが。。玉砕で。。m(__)m
柄があまり気に入らず。。カーボン調もあったのですが、いまさらカーボン調も。。と躊躇してしまいました。)


で。。また、これまでのboven7号の内張りに使ってた、光を当てると光る紺メタな伸びない生地を使うことにしました。(~o~)

ただ。。伸びない生地なので。。センターコンソールのこれらのウッドが厄介です。(ーー;)




どう言う訳か、このセンターコンソールの両脇のウッドパネルは、
とてもひねくれモノで。。。




とても凹凸に富んだ、3次元的な形をしてます。(~o~)




これらがうまく、伸びない生地で貼れたら。。。
後は楽勝なので。。とりあえず、これらから試してみる事にしました。(^^ゞ

先ず、生地を適当な大きさに切ります。




これぐらい余裕があれば、行けるでしょうか?(#^.^#)




次に脱脂です。(^^ゞ
使うのは、いつものアルコール!




脱脂が済んだら、ボンドを用意します。
今回も、以前に使ったスプレー糊です。




ウッドの方にスプレー糊を吹きかけます。。

ううっ。。。なんか、汚い感じが。。(~o~)




続いて、生地の方にも。。




どえっ!(@_@;)  これはいくらなんでも、タプタプ過ぎるでしょ。。(^_^;)


って事で、それぞれに吹きかけたスプレー糊を、ボンドG−17に付属していたヘラで
表面を慣らしながら、余分なボンドを削ぎ落とします。(^^ゞ




で。。。それぞれの表面を指で触っても引っ付かないぐらいに乾いたら
貼り合わせます。(#^.^#)b

最近仲の良いfukurouさんから教えて頂いたのが、「手に付かなくなってから、合わせて。。
ガンガンに圧着!」でした。(#^.^#)

なので、生乾きじゃなくて完全に忘れるぐらい放置してから、圧着しました。(#^.^#)

結果がこれ!(^^ゞ




裏側がこれです。(笑)




表面の滑らかさと打って変わって、裏側は苦労の跡が見えますか?(^^ゞ

まぁ。。伸びない生地にしては、シワも少なく貼れた方だと思います。




苦労は、立体的な形のそれぞれの角で。。




多少は、角が立った箇所もありますが。。




んで、裏側は。。。とにかく表にシワが入らなければ良い訳で。。
この裏側のモッコリした部分は、接着が落ち着いてからカッターで切り落とす事に。。




一応、ウッドの角の輪郭は裏から見ても出せてるでしょう?(#^.^#)




で。。。生地貼りが終ったウッドを、コンソールに取り付けてみます。




う〜〜ん、地味ですか?(笑)




いや、だから。。。ユザワヤで次の生地を探してたのですが。。。
これと言ったのが見つからず。。

でも、この生地。。。光を当てると「光るタスキ」みたいに光るので。。(#^.^#)




ほらほら。。。こんな風に。。。(^^ゞ

  


とりあえず、汚れや雨にも強そうな生地なので。。
今のところは、これで全部行こうかと思ってます。(#^.^#)


で。。。立体的なウッドの処理が、思いの外シワも寄らずにうまく行ったので。。
残りのウッドにも手をつけることにします。(^^ゞ

ずっと前にユザワヤで買った生地が、まだ残ってるので。。




それを今回のウッドに合わせて切り出します。




これぐらいの生地で、いけるでしょうか。。。(^^ゞ




その後、ウッドを脱脂して。。

スプレー糊を吹きかけます。




うえっ。。。(~_~;)  なんだか、モロモロですね。。(~_~;)


生地の方に吹きかけた糊も、湖の様に溜まるので。。
ヘラを使って伸ばします。(^^ゞ




伸ばしたら。。。こんな感じです。




で。。。貼り付けます。(^^ゞ




えっ?貼り付ける途中が分からないまま完成かよ!って?(~_~;)

いやいや。。途中も撮ってますが。。。

ウッドと生地の両方にボンドを塗布してるので、これらを合わせる時に
間にエアーが入ると、ブリスターになっちゃうので。。

生地はウッドに対して、端から指で空気が入らない様に押しながら接着しました。




こんな風に、巻きながら指で押さえて行きます。




で。。。表側を平坦に貼り付け出来たら。。




次は、生地を裏側へ折りこむ作業ですが。。
ここで肝心なのは、ウッドパネルの輪郭を出すと言うことです。(^^ゞ


表側の面が糊付け出来たところで、生地を裏側へ巻き込んで
輪郭を出して行く訳ですが。。。

私の場合、角から着手します。(^^ゞ

角になる部分を写真のように折りこんで、矢印部分の様に「角」の輪郭を出します。




次に、その角の両サイドの直線の輪郭を出していくのですが。。




これが、全面に糊が付いてる状態では、けっこう難しかったりしますね。(#^.^#)




ただ。。角の出し方は、私はいつも同じで。。

角の部分を内側に引っ張りながら巻き込んで止めて。。




次に、その横の辺の輪郭を出すべく、引っ張りながらシワが寄らないようにして。。




もう一方の辺も同様に。。。(^^ゞ




角でシワを吸収し切れなかったら、直線部分で少しずつシワを吸収して。。
完成形は、下の写真の様に。。(#^.^#)




裏側は、ボンドが足りないので。。
後からG17で止めていきます。




やり方としては、浮いてる裏側の生地に相当する部分にボンドを流して。。




生地側にも、同じようにボンドを塗って。。。乾いたら圧着します。(#^.^#)b


チューブのボンドを塗るのが面倒に感じた私は。。

スプレー糊も、裏側に塗布してみたりしましたが。。。(^^ゞ




これは、成功と言えるのかどうか、怪しい結果となりました。(#^.^#)

何はともあれ。。リアドアの内張りと、センターコンソールのウッドと、小物入れ付きセンターパネルの
ウッド部分は、この光るのか光らないのかはっきりしない生地で、とりあえず巻き終わりました。(#^.^#)






あっ。。裏側は、こんな風です。(#^.^#)





                              



         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。