10月7日の記事の最後で、「塗らずには、放置出来ませんよね?」ってコメントで締めくくってますが。。

とりあえず付けていたオリエントブルーのバンパーを、boven7色に塗る手はずを水面下で整えつつあった時に
DDさんからの申し入れで。。(10月21日のメンテオフの後半の記述と重複しますが。。)

DDさんも予備のバンパーとして、スターリングシルバーのバンパーセットをお持ちで。。
DDさんとしては、それを使うときはオリエントブルーに塗らなければならない。。
んで、私はいま付けてるオリエントブルーのバンパーをラッツァブルーに塗ろうとしている。。

って事で、先日の「恒例のとあるBBQ」の時に、私の付けているオリエントブルーのバンパーと
DDさんがお持ちのスターリングシルバーのバンパーを交換しないかと提案されて。。。

私もバンパーを塗りに出すのに、装着してるバンパーを塗ってもらうには
脱着の工賃もかかりますし、ここはDDさんがお持ちのスターリングシルバーなバンパーをお借りして
塗ってもらってから装着して、いま付いているオリエントブルーのバンパーをDDさんにお返しする事にしました。(^^ゞ

。。。って事で、先日の吹田オフでDDさんからバンパーを受け取って、塗りに出してました。

そのバンパーが塗上がったのが昨日の9日!(^^ゞ
早速、バンパーの交換です。

助手席には、塗上がったバンパーと付随してたキャリアが横たわってます。




この日も、駐車場からboven7号を出すのにバンパーに目をやると。。
やっぱり黒い!(~_~;)   まぁでも。。。この黒さも今日限りで!(^^ゞ

  


塗上がったバンパーを積んで、一路。。秘密基地に朝から向かいます。(^^ゞ




秘密基地に到着するやいなや。。積んでたバンパーとキャリアをおろして。。




塗装が出来上がったバンパーの包装を外します。(^^ゞ
おぉ!やっぱり塗りたては綺麗ですね!




次に、車体に付いてたバンパーを取り外します。
フォグのカプラーを抜いて、バンパーを固定してる17mmのナット4つを外したら
引き出して完了です! 近頃の国産のバンパーを外す手間を考えたら、この時代の
BMWのバンパーの取り外しは、とても楽に外せますね!(^^ゞ




取り外したバンパーから、付属品を外して行きます。
先ずはフォグランプ!




フォグランプユニットは、バンパー内側で8mmのネジが2箇所でとまってて、外側はハメコミなので。。
8mmのネジを取った後は、フォグランプユニットをバンパーから起こす様にひねって取り外します。

  


続いて、インナーキャリアをバンパーを止めている箇所の、キャリア下側のピンを取り外します。

  


こう言うピンは、けっこう固着してるので。。556などを塗布してしばらく放置してから取り外します。
今回は、内張りはがしが工具箱に見当たらなかったので。。。ニッパーで緩く挟んで抜きました。(^^ゞ

  


ついでに、キャリアの下にあるフォグランプ横のカバーの受け部の固定ピンを。。
(って、なんの事やら分かりませんよね?(~_~;) )




ここまで作業されると分かると思うのですが。。
下の図の23と24のパーツがこれです。




図の7番、8番のフォグランプ横のプレートを固定するのにこの部分がある様です。
(ここまでバラさないと、普段は知らないですよね?(~_~;) )


続いて、バンパー横のスライドピースの部分を分解します。
先ずはキャップの部分を反時計回りに90度回すと外れます。
(これ、中央にマイナスドライバーが入りそうな四角い穴があるんですが、
マイナスドライバーでやると、間違いなくその四角の枠が変形して外れません。(~_~;) 
出来るだけ外側に近い部分で回してあげた方が、外れやすいです。)

  


キャップが外れたら、その周囲に見えてるソケット部分をラジペンなどで回して外します。

  


外れたスライドピースの部品構成です。




その後、ナンバープレートの台座を取り外して。。




ナンバーの台座が外れたら、更にその下の。。。。
これ、何て言うんでしょうか?(~_~;)

バンパーモールの中央にある、ナンバー取り付ける部分で下にフィンの着いたヤツ!ですかねぇ?(~_~;)

まぁ、とにかく。。。この部分の上側は、普通にバンパーモールを外すときと同じ要領で引き抜くだけです。

  


ちょっと手強いのは、中段と下段の爪ですかね。。(^^ゞ
裏側から見ると一目瞭然ですが、引っ張るだけでは無理っぽいです。
(下の写真が中段の爪)

  


更に、一番下にあるのがこちらの爪です。

  


バンパー側の爪を差し込む細長い穴を傷めない様にしながら、裏からマイナスドライバーなどで
少し穴をこじりつつ。。。爪を裏から表側へ押し出しました。
こうすると、案外楽に抜けてくれます。 ただ、全部の爪が一度に出来るわけじゃないので
端から順番に。。

と言う事で、この真ん中の部分は下の写真の箇所に爪があります。
ちょっと根気が要りますけどね。(笑)




そこまで外れたら、バンパーとキャリアを止めているピンのグロメット(と言っていいんでしょうか?)
部品表などではリベットとなってますが。。それを外して。。




キャリアを取り出します。




取り出したキャリアとDDさんからお借りしたバンパーに付いていたキャリアの比較です。
(左の写真下側がboven7号のキャリア。以前、バンパーを塗ったときにキャリアごと塗ったのが分かりますね。)
バンパーが割るぐらいぶつけたのに、キャリアは特に問題なさそうだったので。。
元々boven7号に付いていたキャリアを使う事にしました。

  


一方、バンパーの比較です。




下の写真、左がオリエントブルー(DD号)、右がラッツァブルー(boven7号)です。
(フラッシュありと無しで、微妙に違いが出ますね?(^^ゞ )

  


角度に寄っては、フラッシュを使っても色の差がでます。




オリエントブルーは深みのある紺なのに対して、ラッツァブルーは軽めのブルーですね。(^^ゞ

   

  
ところで。。。外したキャリアの中に、仕切り板みたいなものがあります。
(上がboven7号、下がDDさんからお借りしたモノ)




よく見ると、DDさんからお借りしたバンパーのキャリアに付いていた仕切り板はプラスチック製で
裏側はリブが付いています。(boven7号のは、ウレタンみたいな素材です。)

  


それにしても、boven7号のキャリアには仕切り板が1つしかないなぁ?って思ったら
反対側は車体側に残ってました。(^^ゞ

  


この仕切り板、仕切ってるからには、空気の流れでしょうかね?
それにしても。。バンパーキャリアの中まで仕切らなきゃならなかったんでしょうか?
下から取り込んだ空気を逃がさずコンデンサーやラジエターへ送り込むためなんでしょうか?

それにしても、リブのある面が内側なので。。ちょっと違うのかなぁ?(~_~;)


ところで、ここまで来て。。。
DDさんからお借りしたバンパーには、衝撃吸収ダンパーまで付いてたのを思い出して。。
ヒットした右側のダンパーの交換もしようかと。。(^^ゞ
とりあえず、チリ合わせに使ってたワッシャーを外します。 さよなら〜!ワッシャ〜!(^^♪




で。。。ダンパーのボディへの取り付けを見ると。。
上から見ると4箇所ですね!前側に8mmの六角が2本と後ろ側にもっと小さな六角2本が見えました。




で。。。前側の六角ボルトですが。。外側のボルトは六角レンチが簡単にアクセス出来るんですが。。
内側(コンデンサー側)の六角ボルトは。。。六角レンチがダンパー本体に干渉して、ボルト穴に2mmもかからないほど。。
これではナメてしまいそうです。。。と思ったら、元々緩かったのか。。2mmとかかってないのに回りました。(^^ゞ

  


いや〜!それでも作業は面倒でした。 レンチを60°回転させるのに苦労します。
回転できる範囲が多分62°ぐらいしかないので、とにかく目一杯端から端まで回して
やっと次の位置にレンチが進むといった感じで、ちょっとずつ。。。ちょっとずつ 緩めて行きます。

すると、何と言う事でしょう!(ビフォーアフター風に!)

ボルトが抜けてくると、レンチが今度はエアコンの配管に当たって
ボルトの頭からレンチが抜けなくなる事態が。。。(~_~;)




あかん!これは、工具を考えねば。。。
汎用の六角レンチでは、ちょっと無理です。

と言う事で、ワッシャーさんこんにちは!(~_~;)




ダンパーの交換は、次回のお楽しみと言う事にして。。(^^ゞ
パンパーの取り付けに戻ります。

バンパーにキャリアを取り付け。。。




何気に中央を意識してはめ込んだのですが、取り付けてから気がついたのが
中央にノックピンがあります。(^^ゞ  そして、もう一つ目安がキャリアの下側でバンパーとリベットで止まる穴が
ちゃんといい位置に来てるかどうかでキャリアの位置が確認できると思います。

   


それがいい位置に来てたら、早々にリベットを打ち込んでおきます。




それからバンパーを立てて。。表側からのリベットを打ち込みます。
この時、バンパーとキャリアをなるべく密着させる様にキャリアの裏側から手で押しながら
リベットを挿入して、そのまま中央のピンをプラスチックハンマーで叩き込みました。
(ここでバンパーとキャリアに隙間があるままリベットを入れて中央のピンを叩き込もうとすると
ピンが折れます。(笑) 。。。前回、2本ほど折りました。(^^ゞ )




バンパーとキャリアが固定出来たら、付属部品の取り付けです。
まずはフォグランプ横のカバーの受け部(だから、これを何と言うんでしょう?)
を取り付けてリベットを打ち込み。。




フォグランプは、片方が差込なのでそのまま差し込んで、もう片方のネジ止側は
ネジ穴位置がいいところに出てるかを確認して

  


ネジ止します。(^^ゞ




それから忘れてはならないのが、バンパー上面のゴム!(^^ゞ




左右のスライドピースは、適当な位置に仮付して。。
バンパーを差し込んでから調整します。

   


適度なところが出たら、キャップをして完了です。
(このキャップにはOリングが付いてるので、忘れずに。。
キャップを締めるコツは、押しながら回す!です。。(^^ゞ )




いやいや、これでやっとバンパーもラッツァブルーになりました!(^^ゞ
やっぱりオリエントブルーとは、似てる様で違いますね!(^^ゞ

  


もう一度、車庫に入れて撮影してみました。
えっ?なになに?  やっぱりバンパーの色が濃い気がするって? いや、それは角度なんでしょうね!(^^ゞ

  


だって。。。それまでは、これだったんですから!(笑)

  




                              



         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。