小ネタですが、またもやルームランプのドアモードが点かなくなりました。




スイッチの位置を拡大すると、ほら。。どれもドアモードなんですけど
ドアを開けても点灯しません。




それに気が付いたのは、先日のセルモーター交換の際に
リアシート足元のバッテリーのボディアースの線を外して、作業後に付けた時です。
まぁ。。疲労もあって、「あれ?点かない!」って思いながらも「まぁいいか。。」状態でした。(笑)

んで、ヒューズかと思ったのですが、スイッチを「オン」にすると
写真の様に点灯します。   あっ、つまり「ドアモード再び!」ですね!(^^ゞ

  


何が原因なのでしょう?
ヒューズでしょうか?配線でしょうか?それとも減光回路の基盤?(~o~)

とりあえず、スイッチオンで点灯するのでヒューズじゃなさそうです。
では、配線?


ルームランプのカプラーは、茶色が2本と赤とグレーが1本ずつです。




茶はアースで赤が電源、グレーがドアモードスイッチからの信号だったと思います。
減光回路の電源とアースはカプラーの赤と茶に割って入ってとってます。
それから、グレーのドアモードスイッチの配線に、減光スイッチの黄色と白の線を
割ってはいる形で繋がっています。




で。。。減光回路を飛ばして、元々の配線どおりにグレーの線を繋いでみます。
下は、減光回路から外した黄色と白の配線です。




この様に、グレーの線を元通りに繋いでみると。。




ドアモードでも点灯しました。

  


って事は、減光回路の不具合?
いやいや、まてまて。。(誰に言ってるの?(笑) )

その減光回路に繋がってる電源とアースの結線箇所も怪しいかも!(ですよね?)




ともかく、カプラーから先を全部外して家に持ち帰り。。
結線箇所をハンダしてもう一度取り付けてみます。




配線箇所に何の問題もないと言う事になれば。。
あとは減光回路の不具合と言うことになるので、そのときは
イワノさんかDDさんに相談しよう!(~o~)




で、配線を元通りに繋いでいたら、気になる部分を見つけちゃいました!
この部分の金属の枠?なんて言ったらいいのでしょう?
これが天井の内装部分から浮いてたりして。。
見ると、爪が外れてるので。。これではサンルーフスイッチのパネルが脱落するはずですよね?(~o~)




で。。それらを指先を使って嵌め込んで。。




車載工具のアンギラスを使って、さらに少しかしめました。(^^ゞ




その後、カプラーを繋いでテストしてみたら、ちゃんと点灯しました。
どうやら、2014.8の時に処置が甘かったんでしょうね。(~o~)







                              



         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。