ネジやホースバンドから開放されたはずのウォポンの取り外しに少し考え込みました。
考えた末に出た行動が、ウォポンの上に止まってるサーモハウジングに固定してある
エンジンフックを矢印の方向にプラスチックハンマーで叩く事でした。(~o~)




いや、荒業ですが。。。ウォポンハウジングにノックピンが2箇所あったのを思い出し
そう簡単にパカっと外れることは無さそうなので、衝撃を与える事で少しずつでもどこかが緩めば。。
そんな思いと、ここまで来てウォポンが外れないでは帰れないと言うちょっと悲壮感みたいなものが
後押ししたと思います。

本来、正規の手順は分かりませんが。。私らしいやり方でしょうかね?(笑)
ともかく、フックをプラスチックハンマーでシバクと言うのはそれなりに効果があって。。
クーラントが漏れる「ジョロォ〜〜〜!」って音が聞こえます。
こうなると、少しずつ接合面が緩んで離れてる証拠なので。。。
ウォポンのプーリーを左手で力いっぱい揺すりながら、右手はプラスチックハンマーを握り締めて
様子を見ながら叩きました。


ウォポンから後に出てるパイプのホースとの固着もきつかったですけど
サーモハウジングから後に出てるパイプのはめ合わせも簡単じゃなかったです。
ウォポンが接合面からすでに離れてる状態なのに、上の箇所が最後まで足を引っ張りましたね。

何はともあれ、ウォポンがサーモハウジングと共に外れた後の光景です。




こんなに奥まった箇所では、接合面にスクレッパーを当ててこじる事も出来ず
写真の一番上のパイプがサーモハウジングにガッツリ刺さってて、その下の
ホースが、ウォポンから出ているパイプに刺さってます。

ウォポンのボルトが全て外れた状態で、普通はどうやってウォポンを外すのでしょう?
ちょっと興味が沸いてしまいました。(^^ゞ


そして外れたウォポンとサーモハウジングがこちら。。。思えば、サーモハウジングのその上にあるフックを叩いたって事は
随分斜めに力が加わった感じですよね? 裏側のウォポンは綺麗に見えましたけど。。

  


一方こちらが新しいウォポン! なんとなくコアラ系の生き物っぽいですか?(^^ゞ




取り外したウォポンのボルトを新しいウォポンに差してみると。。
案外ボルトの締め込みは浅いんですね!(^^ゞ
こんなねじ山の数で止まってるんだと思いました。




で。。ボルトのそれぞれを確認すると、長いボルトと短いボルト。。。
2種類だけで、これは取り付ける時に間違うことが無さそうですね。(^^ゞ




さて、ここからはウォポンとサーモハウジングの切り離しです。
サーモハウジングの上には、ボルトが3本。。。
2本はエンジンフックを共締めにしながらもその1本はカプラーのステーを共締めしてます。




それら3本のボルトを引き抜き。。。




サーモハウジングとウォポンを引き離すのに、下の写真の中にある
プラスチックハンマーが登場しました。(笑)
いや、叩かないと外れなかったんですよ。




そして新しいウォポンへの組み付け。。
先ずはサーモハウジングとの間に収まるOリングを。。。
ここ、Oリングだけなんですね?それにしても、ウォポンとサーモハウジングを分離するのに
プラスチックハンマーを使うほどでしたけど。。




そしてサーモハウジングの取り付け。。
3箇所のボルトを少しずつ締めこんで行きます。
今回、トルクレンチは使いませんでした。
初めてウォポンのネジを締める方は、一度はトルクレンチで締めてみるのもいいと思います。
(ただ、トルクレンチの正しい使い方を調べてからの方がいいですね。)


さて、ウォポンにサーモハウジングが組みつけられたら。。。。




ガスケットと液体パッキンを塗って。。。
(この液体パッキン、使いにくいですわぁ〜!(~o~) )




そうそう! サーモハウジングに刺さっていたパイプの先の方にOリングがあるので
これも交換しておきます。(Oリングにはシリコングリスを馴染ませてあります。)




準備が整ったら、またあの姿勢で。。




ゆっくりそうっとウォポンをだいたいの位置に左手1本で持って行きます。
位置決めの参考になるのは、ウォポンの後のパイプとサーモハウジングに刺さるパイプ。
その2つがだいたいいい位置にあれば、大丈夫なんじゃないかと。。
(いや、初めてやる作業だしね。。)
案の定、それでウォポンのノックピンが噛み込んだ感触!
直ぐにウォポンのネジをとりあえず2本だけ、ネジがかかるところまで手で回して。。

そこからは、ボックスレンチでネジを締めながら、サーモハウジングの前側を手で押したり
ウォポンの後のパイプに繋がるホースを手で押したり。。
そうしながら、ウオポンのネジを6本ともネジが噛むところまで手で回しました。
あっ!外すのに一番苦労した真下のボルトだけは、ウォポンのハウジングに刺したまま
アクセスしてます。(後からあの位置に手でボルトを持って行くのは至難の業に思えたので。)

ここからはちょっと急いだので写真がありませんが。。
ウォポンの6本のボルトを少しずつ順に締めて行きます。
対角線に締めこむのがいいと思うのですが、ウォポンの一番下のボルトだけ
とても面倒なので除外して、残り5本を一応対角線にボックスレンチで締めて行き
ある程度手応えが出て来た頃から、少し慎重に締めていきます。
今回もトルクレンチを使いませんでした。
(一番下のボルトは、トルクレンチ使えませんしね!(~o~) )

そうこうして、何とかウォポンを取り付ける事が出来ました。




いや〜!思った以上に苦労しましたわ。。。
そして34と36の違い。。。ボンネットを開けて、エンジンに対して
真正面からアクセス出来たら、両腕使えたのに!って思う場面が幾つもありました。
ラジエターを外したら、もっと作業性が良かったのかなぁ?
でも、あの姿勢は。。必須だったと思います。




もしかして、リフトで持ち上げたら。。。
下からアクセス出来たのかも知れませんが、それはそれで
残ってるクーラントを浴びる可能性も高いですよね?
いずれにしても、簡単には行かない作業だった気がします。


そしてここからがまた大変!
インマニ&サージタンクの取り付けと。。




最初に外したテンションプーリーの取り付けが残ってます。
この時ちょっと思ったのですが、ここまでしてからじゃないと
取り付けたウォポンの動作確認(例えば水漏れとか。。)が出来ないんですね?
って事は、全部を元通りにしてから水漏れとかが発覚したら、また全部外すんですか?
作業してる途中で変なことに気が付いてしまって。。。最後まで不安でした。(~_~;)

    


最後にプーリーを取り付けて。。




ベルトを張ったら、メカニカルな作業は終わりです。




後はクーラントを入れて、水道水を足してサブタンクを満タンにして。。




ヒーター全開でエンジンをかけるだけです。




不思議とこのエンジン。。。冷却水のエア抜きに苦労した覚えがありません。
最後は、乾いた場所に移動してしばらくエンジンをかけたまま放置して
エア抜きと漏れが無いかを確認します。
幸い。。ってか、そうであって当たり前とも言いますが。。
漏れはありませんでした。(#^.^#)

  


やれやれ。。2時間ぐらいで終わるかと思った作業でしたが、思いのほかてこずりました。
でも、無事交換できてよかった!よかった!

えっ?。。。オチですか? なんでそんな。。期待しなくていいですから。。(~o~)
。。。。やっぱりナイショにしようかなぁ?  いやいや、こっちの話ですが!
実はね。。(結局、言うのかよ〜!)

全てが終わって、片づけをしていた時の事です。
気が付かなければそれでも幸せだったかも知れない事に気が付いてしまいました!(~o~)

工具を工具箱にしまいこんで、ゴミを集めて。。クーラントのボトルを回収して、
余分な液体パッキンを拭き取ったペーパータオルをビニール袋に入れて。。
はっ!と気が付いたのは、ウォポンの古いパッキンが見当たらない!(~o~)

えっ?そう言えば、剥がした記憶がない!(~_~;)

って事は? えっ? だから。。って事は? まだ付いたまま?
いや、そうでしょうね?剥がした記憶もないし、古いパッキンがゴミの中にも見当たらないし。。

もしかして、多分。。。古いパッキンの上から、さらに新しいパッキンに液体パッキンを塗って取り付けてしまったのかも。。
(いや、「かも」は余分だよ!(ーー;)  えぇっ?マジ?)


ウォポンの取り付けがブラインド状態での作業だったのもあるかと思いますが、ちょっと疲れ気味で
早く終えたい。。って気持ちが後押ししてたのも事実です。

現在、boven7号のウォポンには、パッキン(ガスケットね!)が2枚!入ってます。
古いガスケットの方からクーラントが漏れないかなぁ?
不安の残る結末となりましたが、あの作業をもう一度と言われたら。。。
しばらくはやりたくないので、様子を見ることにします。(~_~;)


                              



         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。