今日はもう1つネタがあります。
ワイパーのゴムが、そろそろ限界で。。




前回2012年の12月に交換したワイパーゴムですが、その前は2008年だったので
次は2017年頃でしょうか?と過去の記事に書きましたが、この2年間boven7号を通勤に使っていて
昼間は会社の青空駐車場に止めたまま、雨風日差しにさらされて来たせいなんでしょうか?
思ったよりも交換時期が早くなりました!(笑)


そのワイパーゴムですが、先端と根元でゴムの溝の形状が違います。
先端は下の写真の様に先端までブレード用の溝が切ってありますが。。




根元はブレード用の溝が最後の数CMで止まっています。




写真では分かりにくいですが、実際にワイパーのゴムを交換しようとしたら
根元の方向に抜くしか方法はないので、方向性があることだけを覚えておいてください。

そしてゴムは抜ける方向にしか抜けないので、それ以上の説明はやめておきます。(^^ゞ




ところでこのワイパーゴムの頭は、台形らしいのですが。。。
boven7号についていたワイパーゴムの頭は四角形でした。
多分、むりやり押し込んで付けていたんでしょうね?(笑)




で付いてたワイパーゴムの頭が四角だったとは知らずに
買い求めたのが頭が台形のゴム。。
エスティマの93.8〜などが幅6mmの台形なゴムみたいです。

  


さっそくそれを付けていきましょう!
ただし、長さがちょうどのは無いので、長めの物を手に入れて
現物の長さに合わせて切って長さを調整します。
(上が元のワイパーゴム、下が今回買ってきたワイパーゴムです。)




上下が逆転しましたが、ワイパーゴムにはステンレスの「添え木」の様なモノがついてるのでそれを取り外し。。




現物の長さに揃えて




ゴムを切ります!




そうして、新しく切ったワイパーゴムをブレードに滑らせながら差し込んでいくと




根元の部分をちょっと力が要りますが、無理やり引っ張って止め位置まで入れてやると完成です!




と思ったら、先端がちょっと短い?ん?なんで?長さ合わせたのに!(ーー;)




よく見ると。。。
元々のワイパーゴムと今回取り付けたワイパーゴムの
根元のブレード位置が違う!(~o~)

    


全体の長さを同じにした為に、その分だけ先端の長さが足りなくなってしまったみたいです。
いやいや、運転席と助手席の両方を交換しようと思ったのですが、とりあえず使えないワイパーゴムを1つ作ってしまったので
今回は運転席側だけ、なんとか交換する方向にしました!(あっ!つまり、やり直したので、助手席側のワイパーが無くなっちゃったんです。)
皆さんも、もしこのやり方でエスティマのワイパーゴムを使う時は、気をつけてカットしてくださいね。(#^.^#)



                              



         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。