息継ぎですが、かれこれ色々やって来ましたが全く改善されず。。
むしろ、ここ最近は頻度がひどく上がって来て、段々悪化の一途をたどってる感じがあります。

以前は、フューエルワンを入れたら息継ぎの段差がすごく滑らかになったのに、
ここへ来てそれも効果が無くなりました。(つまり、フューエルワンを入れても変わらなくなりました)

これは、原因がひとつでは無くて同じ症状に見えるけど原因が以前とは違うのでは?
と思う様になり、燃料ポンプ回りの。。。例えば坂道で症状が出るとか書いてた頃と
ちょっと違ってきた気がします。

そもそも燃料ポンプが一瞬仕事をサボったとしても、本当に一瞬であれば
燃圧レギュレーターで圧を管理されて、リターンホースに流れてタンクに戻ってくる
燃料の流れを考えると、そんなに極端に息継ぎになるとは考えにくいと思う様になりました。

何となくですが。。いまは電気的な何かを疑っています。
と言う事で、今回はDMEリレーとポンプリレーです。




以前にも一度か二度取り上げましたが、ポンプリレーとDMEリレーは近くに並んでいます。
そして、ポンプリレーは4本足、DMEリレーは5本足です。
さらに、ポンプリレーはDMEリレーから電源を供給されています。

とにかくそれぞれのリレーとリレーのカプラーを疑って見てみます。
DMEリレーとポンプリレーの違いは、リレーカプラーの中央のところに接点があるかないかで分かります。
あればDME、なければ燃料ポンプって事ですね。

  


カプラーの接点を目視した限りは特に異常は認められなかったのですが、
ポンプリレーの足が。。けっこう焼けてました。




どうしてこんなに焼けるんだろう?って思いながらも、ヤスリで表面をゴシゴシ磨いて
取り付けました。
あっ!DMEリレーの方は新品を調達して取り付けました。




結果。。。アイドリングが少し下がりました。。。。。なんでやねん? よく分からん!
排気ガスの臭いも、少し香ばしくなった気がします。いや、もうよく分からんです。。
でも、なにか微妙な違いがあるのは確認できました。
それがどんな意味を持つのか、全然分かりません。
なんでやねぇ〜ん!の連続ですが、息継ぎはまだ出ます。(~o~)


                              



         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。