さて、前回ハンダのやり直しで「劇的な変化!」のあったDMEですが
その後、もう一度ハンダのやり直しをする予定でした。
そんなときに、○ちゃん(←あえて伏字(笑))から「セカイモンにM3CのDMEが出てるよ!」とお言葉を頂き
早速見に行くと、「M3 3.2のDME」が送料入れても「諭吉さん1.5人分」なのでポチっと。。。

って事でやって来たDMEです。
E36M3BのDMEは確かBOSCHで
E36M3CのDMEは確かSIEMENSだったはず!




現在のboven7号のDMEのハンダをやり直す前に、DMEが本当に原因なのかを知るべく手に入れました。
とりあえずDMEを入れ替えてみて、症状が出なければやっぱり原因はDMEって事になるので
問題のあるDMEのハンダをゆっくりやり直せばいいと思ってのことでしたが。。。
Take−Mさんに聞くと、ポン付けでDMEの交換をしてもダメだそうで、イモビライザーとのマッチングの作業が必要との事でした。

あらら。。。それはちょっといまの私には無理!(~o~)
って事で、Take−Mさんに予約を取って、手に入れたDMEとboven7号のイモビライザーのマッチングをしてもらう事にしました。


で。。。当日、boven7号と手に入れたDMEをTake−Mさんに持ち込んで、マッチングをしてもらう
その前に、一応。。。このDMEが間違いなくM3CのDMEなのかどうかを調べてもらう事にしました。

じゃないと、作業を始めてから違うってなるとややこしいので。
いや、念には念を入れての事ですよ。
セカイモンにもM3 3.2 のDMEってなってたので、問題は無いはずなんです。

調べてもらった結果。。。Take−Mさんのお言葉が。。。

う〜ん! ←なに?その悩んだ様子は?

M3のDMEであることには間違いないのですが。。   ←「ですが。。」ってなに?なに?

これ、USのM3用ですね!  ←えっ!(ーー;)

うそ!USのE36M3は3.0じゃなかったですか?
セカイモンには3.2ってなってましたよ!

いや、USにも3.0と3.2があるんです。
97年の終わりごろかなぁ?
このDMEはそれ用です。ヨーロッパ仕様とは違いますね。



え〜〜〜〜〜!え、え、え〜〜〜〜〜!(-_-;)


USのM3に3.2があったとは知りませんでしたよ、いやほんとに!  いや、ほんとに!←2回も言わなくていいって?(~o~)

このDMEはE36の97年以降の328や、もしかしたらE39の528も使えるかも知れません。
ただ、boven7号のDMEとは違いますね。



え”〜〜〜〜!(-_-;)


またしても、やってもたんかい!(-_-;)
どないしょ〜!(~o~)


☆お知らせです!
E36328またはE39528でDMEをお探しの方がおられましたら、Take−Mさんにお問い合わせください。m(__)m



                              



         検索エンジンなどで、初めてこのページに来られた方は、下のボタンを押してindexをご覧下さい。